初心者情報館~カザル2号店~

初心者ながらの個人的な情報収集と提供。 気分によるミニミニ小説の公開。 ゲームプレイ日記など・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

バレー【初期時代】

重い腰を上げ、久しぶりにブログを再開してみようかと思う。
引退したわけではないが、バレーをする時間がなくなって約2年・・・
仕事のせいとしか言いようがないが、これはどうしようもない。仕事をしなければ生活をしていくこともできないし、バレーをする機会も更に失ってしまいそう・・・



---そう・・・私がバレーを始めたのは小学生のときからでした。
兄が野球をやっていたことから自分も野球をやらなければならないのかと思っていたあの頃は、父にこの町の野球はダメだからバレーをやらないかと言われたのは少しびっくりだった。
バレーなんて全く知らない・・・
ボールすら触ったこと無いような気がしたw

最初はやるのかやらないのかはっきりしない感じだったが、1年後くらいから本格的にはじめるようになったが、きっかけはよく覚えていない^^;
けれど、数人の同級生がいたこともあって、すんなり入っていけた気がする。
おそらく最初の1年はまったくバレーになっていなかったと思うが、なぜかコートの中に入ってバレーをやっていた自分がいて、その1年後にはアタックが打てるようになっていた。
どうしてアタックが打てるようになったのかは全くわかってないw
なんとも適当な子どもであったことか・・・
いや、みんなそうなのかもしれない・・・
監督に教えられて、それをやっているうちになんとなくアタックらしくなってきて、大人のアタックを見て、自分で覚えていったような感じであった。
小学6年生くらいになるとネットはかなり低く感じ、普通にアタックを打てるようになり、かなり楽しかったのを覚えている。
それくらいからだっただろうか・・・元々セッターをやっていたのにアタッカーに転向。
レフトとライトを行ったり来たり・・・
そして最後にはレフトに定着することになった。
それからは色んな大会にも顔を出せるようになり、北北海道の大会で2番目くらいの実力をつけ、全道でも上を目指せるようにはなってきていた。
しかし、最後の全道大会でベスト8で敗退・・・
普通にやれば負けない相手だったと記憶しているが、当時の人間関係が影響していたのか、周りのチームからはアレ?っと思われる相手に負けたのだ。
あのとき、自分たちのチームに勝ったチームは新聞社だったと思うが、インタビューを受けているのがすごく羨ましく、悔しかったことを覚えている。
そして小学生時代のバレーは幕を閉じたのである。
【中学編は次回】
スポンサーサイト

テーマ:バレーボール - ジャンル:スポーツ

バレー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<バレーって | HOME | GOTH―リストカット事件>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。