初心者情報館~カザル2号店~

初心者ながらの個人的な情報収集と提供。 気分によるミニミニ小説の公開。 ゲームプレイ日記など・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

バレー【番外編2】

自分は色んな人に見守られている。
そしていろんな人に助けられている。
周りのみんながいるから今の自分がある。

ほんとに幸せな自分だと思う・・・
自分の中で一番大きかったことは、小学生の最後の大会で最優秀選手の賞をいただいたことだろう。
もしかしたら、あれがなければここまで頑張ってこられなかったかもしれない・・・
バレーを続けていなかったかもしれない・・・

なぜそんな賞をいただいたのか・・・
こんな田舎町のチームのたった一人を審査員の人が見ていたのか?私にはそうは思えなかった・・・
昔こんなことを聞いたことがある。
たまたま自分たちのチームの親達が食事をしに行ったお店で、大会の審査員の人たちが一緒で、私の話をしてくれたそうだ。
うちの両親についてはそこに居たのかは不明だが、チームメイトの母親がそんな話をしていたことを聞いたのだ。
なんともありがたいことである。
そのお話がなければ、全く見向きもされなかったであろう・・・

それがあり、自分は更に努力が必要となり、優秀選手であるという自覚もしなければならなかった。
おそらく自分の所属するチームの最初で最後の賞だったと思う。
自慢するほどのものでもないが、自分の中では自慢の賞だ。
やはり、それもあって、自分はバレーをやめられずに、中学校でもバレーを続けることとなった。

中学校でのバレーはさすがにきつい!!
今までのお遊びとは違うのだ。 もちろんちょっとしたミスでも怒られる・・・

自分たちが2年生になり、全道大会後に全道の強化チームとして推薦されることとなる。
ベスト8まで勝ち上がったチームが推薦されたものと思われる。
この強化チームは、後に強化合宿に入ることになるが、全道でも優秀な監督たちの下でバレーを学び練習試合をこなしていくのだ。
さすがにきついww
今までやったことない練習ばかりなのと、朝から晩までぶっつづけで練習なのだ。
もちろん体中が筋肉痛で、次の日からはまともに動けない・・・
ここで自分たちの練習がどれだけ楽だったのかを思い知らされることとなった。
その合宿が終わってから、監督の考えも変わり、練習にハードさが増されていった・・・
当たり前だろう・・・
周りのチームはもっと練習していたのだから・・・
そんな楽な練習じゃこの先、今回集まったチームには勝てないのだ!
もっともっと練習して上を目指さなければいけない。そう思い毎日他の部活動より練習を行ってきた。

大人との練習試合もするようになった。
町の大会にも参加するようになった。
そうでなければ、他のところに太刀打ちできないのが現実・・・

さすがに大人は簡単には勝てないように計算してプレーをしてくる。
うちの町の大人は全道や全国大会にも参加しており、弱くはないし、あまり変なプレーもしない。
自分たちには実践にかなり向いている相手であったことを覚えている。
3年生になり全国大会を目指すようになった自分たちには、そういう相手でないと練習にならなかったということもある。
このときに相手をしてくれたみなさんには感謝してもしきれない。
今自分が社会人になり、あそこまでやってあげれるかというと、仕事が忙しいだのなんだので、そんな時間がないのだ・・・
ほんとに自分たちは恵まれていたのだと思っている。


今日も長くなりそうなので、この辺でやめておきましょう・・・
スポンサーサイト

テーマ:バレーボール - ジャンル:スポーツ

バレー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<バレー【選抜大会:中学】 | HOME | バレー【番外編】>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。